20年、人を想いつづけたことはありますか。
『蝉しぐれ』

お互い、こんなにも強く想っているのに
結ばれることのない二人。
運命のいたずら?
そういう時代だったんだ、仕方ない
と言えばそれまでだけど、
そんな簡単には済ませられない切ない恋の結末。
でも・・・なんだろう?
切なくて涙が出るのに、
見終わったあと、なんだかスッキリしている。
映画全体が静かに流れていったせいだろうか?
映像も綺麗だったし、
“古き良き日本”を見せてもらったような印象。
「いいもの見たなぁ」っていう満足感があるのかも。
「哀」「清」「凛」・・・そんなイメージかな?
[PR]
by fragrant_daphne | 2005-11-03 22:17 | 映画 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://daphne.exblog.jp/tb/2479463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Christmas in.. at 2005-11-08 13:46
タイトル : 蝉しぐれ
20年、人を想い続けたことはありますか? ■ 2005年 日 本  ■ 監 督 : 黒土三男 ■ 原 作 : 藤沢周平「蝉しぐれ 」 ■ 出 演 : 市川染五郎 木村佳乃           今田耕司 ふかわりょう           原田美枝子 緒形 拳  ■ あらすじ 江戸時代、下級武士の養父によって育てられた牧文四郎。 彼は父を誰よりも尊敬していたが、その父は切腹の運命に遭ってしまう。 謀反人の子としての汚名を着せられた...... more
<< 死よりも切ない別れがある。 和 La Mode >>