Dear
はけ口という記録

ブログを始めたのは失恋して10日ほど経った頃。
別に失恋したことについて
あーだこーだ書くつもりはなかった。
ただ、何でもいいから話がしたかった。
漠然とした淋しさというか、体の中、心の中に
もやもやとしたものがあって
外に吐き出したかった。

もともとストレスとか“発散”するタイプじゃない。
飲み込んで消化してトイレに流すタイプ。
溜め込まないようにはしてる。
けど、あまり消化よくないからね。
たまに消化不良おこすけど(笑)

今日、こんなことあったよ、あんなことあったよ
って書いて、通りすがりの人が見てくれたら
それでよかった。
たとえ、誰も見てなかったとしてもよかったかも。
例えば、嫌なことがあったとして
そのことについては何も話してないけど
全然関係ない話をしてるのにちょっと気が楽になる
そんな感じ。

友達にメールを送ってもよかったけど
あまり大量に送って
「返事書かなきゃ」ってプレッシャーに感じられても困るし。

小さい頃から日記ってものを書いたことはない。
学校で“書かされた”日記はあるけど。
自分で書いたものを後から読み返すのが嫌だったから。
そんなヤツがblogなんて始めて、果たして続くのだろうか?
なんて思ってたけど、続いているのはきっと
見に来てくださってるみなさんのおかげ。

手紙を書くのは好き。
ここのblogは私にとっては手紙感覚。
時々、愚痴をこぼしたりする時もあるけど
そんな時は読み流してください(笑)

[PR]
by fragrant_daphne | 2004-07-15 18:36 | つぶやき
<< ながら運動 追いつけ >>