「死ぬまでにしたい10のこと」
去年の11月ごろに見た映画。

もし、余命あと2ヶ月と言われたら、私は何をするだろう。

死…

普段、ほとんど考えずにいる
「死」ということ。
でも「死」について考えるのと
「生きる」ことについて考えるのは
イコールだと思う。

交通事故か何かで即死するのと
病気で余命どれだけとか言われて死ぬのと
どっちが嫌かなぁ?
事故死の場合、あまり苦しまずにすむかもしれないけど
(もちろん、事故にあってから死ぬまでの時間が長い場合は別として)
誰にも何も伝えられずに死んでしまうことになるだろう。
病気の場合は、痛みや苦しみと闘わなければいけないけど
身辺整理する猶予を与えられることにもなる。
もっとも、実際にその場面に直面したことがあるわけでもなく
本当に死を宣告されたら頭の中真っ白になって
何も出来ないかもしれないけど。


普段はつい考えずにいるけど
人間、年老いてから死ぬとは限らないのだ。
いつ死が訪れるかなんて誰にもわからない。

自分に死が訪れた時、
できるだけ悔いを残さないようにしておきたいと思う。

“ちゃんと”生きよう。

今、この瞬間を大切に。

ただ命をつなげていくのではなく

生物学的に生きているのではなく

本当の意味で、生きていこう。




ちなみに、私がblogをやっていることは
家族も友だちも知らないので、
もし私がいなくなったら、
誰も知らないまま放置され続けることと思う。

[PR]
by fragrant_daphne | 2004-04-30 20:22 | 思うこと
<< 空想と現実の狭間 元気になる食べ物 >>