なんのため?
よくあることなのかなぁ

はるかさんのところからトラックバック。
他人の記事や写真を転載したりする人がいるとのこと。

ブログとは本来情報交換や意見交換のできる
日記のようなものじゃないのかな?
私の場合は日記そのもので、
たまに愚痴を書いたりもするけれど。

もともと日記はつけない方だった。
でも、手紙とかメールとかはよく書く方で
その内容はほとんど日記のようなものだった。
ブログは私にとってその延長のようなもの。
不特定多数に宛てた手紙みたいなもの。
コメント(返事)を書いてもらえるのもうれしいし、
そのまま読み流して通り過ぎたってかまわない。

人それぞれ使い方(目的)は少しずつ違うと思うけど
数字を増やすのが目的の人もいるのかな?
アクセス数とかコメント数とか。

それって楽しい?

自分の日記に他人のものをつけて
何の意味があるのだろう?
他人のものを載せてアクセス数が増えても
虚しくないですか?





私はむしろgoogleなどの検索にも引っかかってほしくないくらいだ。
「来る者は拒まず」なので
いろんな人が見に来てくれるのはありがたいけど
身内にバレる危険はできるだけ冒したくない(笑)
大した記事も書いてないしさ。
[PR]
by fragrant_daphne | 2005-01-28 14:38 | 思うこと
<< さつまいもケーキ 恋はするものじゃなくて、落ちるもの >>